委員会

熱海ライフセービングクラブでは、活動を委員会に分け組織しています。
私たちは海辺の事故ゼロを目指すためには、様々なマリンスポーツに精通し、環境保全に目を向けることが大切であると思っており、ライフセービング活動は「興味」からはじまると思っています。各委員会の活動は、最新情報をご覧頂き、興味のある活動へ是非ご参加下さい。

1.ライフセービング教育委員会
海辺の事故を未然に防ぐため、クラブの基本的な教育を行う委員会です。各種講習会や海岸・プールの監視活動を行います。

2.レジャーダイビング安全対策委員会
レジャーダイビングの普及と安全対策を行う委員会です。スクーバダイバー向けの安全対策講習会や教育活動を行います。

3.環境保全委員会
「水辺の安全は、環境保全から」をコンセプトに、環境保全活動を行う委員会です。毎年GWを中心としたボランティア清掃活動や水辺の環境調査を行います。

4.スノーケリング安全対策委員会
スノーケリングの普及と安全対策を行う委員会です。スノーケルをより安全快適なスポーツとして普及させるため、安全対策講習会や教育活動を行います。

5.オープンウォータースイム委員会
オープンウォータースイムの普及と安全対策を行う委員会です。大正時代から続く日本最古の遠泳競技大会である初島熱海横断団体水泳競技大会に影響を受け、独自のシステムによって初島から熱海を泳いで渡る挑戦者をサポートする委員会です。

評議委員会
クラブ組織が目的に沿い秩序をもって運営され、社会貢献をなされるよう助言する委員会です。