Earth Saving Life Saving

熱海ライフセービングクラブへようこそ。
熱海ライフセービングクラブは、Earth Saving Life Saving(地球を救うことは人を救うことにつながる:を意図している)をコンセプトに、1998年に現クラブの前身である組織が熱海市曽我浦海岸で設立され、2008年に「熱海ライフセービングクラブ」と名称変更され現在に至ります。
ホームゲレンデである熱海をベースに、学生から社会人までのメンバーが「水辺の事故ゼロ」を目指してライフセービング活動を行っています。

 

熱海ライフセービングクラブは、ライフセービング活動を、競技や海水浴場などの事故防止活動だけでなく、環境保護やその他のマリンスポーツの事故防止をサポートすることで、年間を通じてライフセービング活動を行うことを目標にしています。

 

わが国では職業ライフセーバー(ライフセービングで生計を立てるいわゆるライフガード)は難しいと言われていますが、現在のライフセービング活動に、柔軟で斬新的なアイディアを求めていくとで将来、職業ライフセーバーが誕生するのではないか考えています。

 

 

ライフセービング活動には、年齢や性別、体力、人種などの垣根はありません。活動の趣旨に参加してくれる多くの方の参加を望んでいます。クラブ入会には手続きが必要です。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

メンバー募集中

熱海ライフセービングクラブでは随時メンバーを募集しています!
ライフセービング活動には、年齢や性別、体力、人種などの垣根はありません。活動の趣旨に参加してくれる多くの方の参加を望んでいます。クラブ入会には手続きが必要です。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

 

◆対象
16歳以上の男女

 

◆会費
正会員
年会費4,000円(日本ライフセービング協会の一般会費と傷害保険料で3,000円、クラブ運営費1,000円)

 

準会員
年会費1,000円(熱海LSCの主旨に賛同し活動を希望する方)

 

アスリート会員
年会費12,000円(日本ライフセービング協会の一般会費と傷害保険料で10,000円、クラブ運営費2,000円、大会参加には別途エントリー費が必要となります)

 

賛助会員
年会費1口10,000円(熱海ライフセービングクラブの活動に賛同しサポートして頂く個人・団体・企業の会費です)

 

※日本ライフセービング協会の会費については「日本ライフセービングクラブの会費について」をご覧ください。


組織

特定非営利活動法人 熱海ライフセービングクラブ事業内容

【定款より抜粋】
(目的)
第3条 この法人は、広く一般市民に対して、自然環境についての保全・調査・研究及びその公表に関する事業、水辺・海中の安全確保を目的とした監視・救助等に関する事業、ライフセービング・救急法等の知識・技術の向上のための資格認定に関する事業等を行い、スポーツの振興・地域安全の向上及び環境の保全を図り、もって公益に寄与することを目的とする。

 

(特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、特定非営利活動促進法(以下「法」という。)第2条別表のうち、次に掲げる活動を行う。
(1) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動(別表第4号)
(2) 環境の保全を図る活動(別表第5号)
(3) 災害救援活動(別表第6号)
(4) 地域安全活動(別表第7号)
(5) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動(別表第17
号)

 

(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
① 自然環境についての保全・調査・研究及びその公表に関する事業
② 水辺の安全確保を目的とした監視・救助等に関する事業
③ ライフセービング・救急法等の知識・技術の向上のための資格認定に関する事業
④ 山岳・水辺・海辺・海中の環境保全に関する事業
⑤ スポーツの振興と地域の活性化を目的としたイベントの企画・開催に関する事業
⑥ 災害時における救援・救助及びその支援・援助に関する事業

 

(2) その他の事業
① 環境保全又は安全に係わるグッズ等の開発・販売に関する事業
2 前項第2号に掲げる事業は、同項第1号に掲げる事業に支障がない限り行うものとし、その収益は同項第1号に掲げる事業に充てるものとする。

 

 

組織表・役員

◆役員一覧(2021年5月1日)

 

理事長 鈴木 卓(熱海 所記念病院 副院長)
副理事長 荻田 旭(アトリエ・ラウト 代表取締役)
理事 齋藤 清昭(ケイズパブリック 代表)
理事 高野 修(海心 代表)
理事 豊嶋 康志(ダイビングサービス熱海 代表)
理事 加藤 朋生(小学校教員)
理事 島田 貴正(公務員)
理事(クラブ長・事務局) 八代 直也(株式会社ソリク 代表取締役) 
評議員 木村 雄治(公務員)
監事 遠藤 哲也(大熱海漁業協同組合組合長)

 

正会員  25名 
準会員  24名

 

◆事務局
静岡県熱海市昭和町14-2
TEL0557-86-5277(株式会社ソリク内)
info@atami-lifesaving.club

 

◆加盟団体及び資格
公益財団法人 日本ライフセービング協会 正会員(1種)
特定非営利活動法人 静岡県ライフセービング協会
熱海市ダイビング協議会
NPO熱海市体育協会

 

公益財団法人 日本ライフセービング協会公認指導員
公益財団法人 日本水泳連盟公認OWS指導員
各種団体 スクーバダイビング指導員
潜水士他

 


委員会・活動

委員会
熱海ライフセービングクラブでは、活動を委員会に分け組織しています。
私たちは海辺の事故ゼロを目指すためには、様々なマリンスポーツに精通し、環境保全に目を向けることが大切であると思っており、ライフセービング活動は「興味」からはじまると思っています。各委員会の活動は、最新情報をご覧頂き、興味のある活動へ是非ご参加下さい。

 

1.ライフセービング教育委員会
海辺の事故を未然に防ぐため、クラブの基本的な教育を行う委員会です。各種講習会や海岸・プールの監視活動を行います。

 

2.レジャーダイビング安全対策委員会
レジャーダイビングの普及と安全対策を行う委員会です。スクーバダイバー向けの安全対策講習会や教育活動を行います。

 

3.環境保全委員会
「水辺の安全は、環境保全から」をコンセプトに、環境保全活動を行う委員会です。毎年GWを中心としたボランティア清掃活動や水辺の環境調査を行います。

 

4.スノーケリング安全対策委員会
スノーケリングの普及と安全対策を行う委員会です。スノーケルをより安全快適なスポーツとして普及させるため、安全対策講習会や教育活動を行います。

 

5.オープンウォータースイム委員会
オープンウォータースイムの普及と安全対策を行う委員会です。大正時代から続く日本最古の遠泳競技大会である初島熱海横断団体水泳競技大会に影響を受け、独自のシステムによって初島から熱海を泳いで渡る挑戦者をサポートする委員会です。

評議委員会
クラブ組織が目的に沿い秩序をもって運営され、社会貢献をなされるよう助言する委員会です。

イベントスケジュール

2021年イベント予定 

5月

5月
16日:熱海ビーチクリーンイベント
22日:JLA講習会(BLS)
29日:JLA講習会(ウォーターセーフティ)
29日~30日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング①・②)

6月

5日~6日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング③・④)
12日:JLA講習会(BLS)
19日:JLA講習会(ウォーターセーフティ)
19日~20日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング①・②)
26日~27日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング③・④)
26日~27日:熱海初島OWS合宿(海人くらぶ)

7月

3日:JLA 講習会(ウォーターセーフティ)
3日:JLA講習会(BLS)
4日:スイムクリニック(初島)
東京オリンピック安全管理業務
未定:初島熱海横断泳サポート
海水浴場監視業務

8月 1日~31日:海水浴場監視業務
9月

3日~5日:OWS下田合宿
18日:JLA講習会(BLS)
19日:初島熱海横断泳イベント
25日~26日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング①・②)

10月

2日~3日:JLA講習会(ベーシックサーフライフセービング③・④)
9日:初島スイムクリニック(初島)
10日:初島熱海横断フリッパーレース(エキシビジョン大会)

11月

未定:初島熱海横断泳サポート
未定:初島熱海横断泳レース(エキシビジョン大会)
未定:JLA 講習会(BLS)
未定:スイムクリニック(初島)

12月

未定:JLA 講習会
未定:スイムクリニック(初島)